スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

週末のお楽しみ☆

今週のDVD鑑賞は『エターナル・サンシャイン』『バットマンビギンズ』の2本です☆

n_921sj10021dps.jpg

『エターナル・サンシャイン』は別れた彼女(ケイト・ウィンスレット)が
自分との記憶を消してしまったことを知った
主人公(ジム・キャリー)が自分も記憶を消そうとするのですが、
徐々に遡りながら消えて行く二人で過ごした思い出の記憶を前にして。。。
という話です。
実際に特定の人だけの記憶を消すことができたとしたら、自分だったら
記憶を消すかな?本当に辛い別れを経験したら一瞬そう思ったりするのかも
しれないけど、かけがえのない大切な思い出までも消えてしまうとしたら、
例え辛くても忘れたいとは思わないと思う。その思い出も自分の一部だから。
過去を否定することはできても消すことはできないという事の逆説的な表現
みたいだななんて思いました。


n_616dlr59415ps.jpg

『バットマン・ビギンズ』は言わずと知れたバットマンシリーズの起点となる
なぜバットマンが生まれたのかというストーリーですが、
バットマンって、監督が違うから作品によって好みが分かれる
ところだけど、私的には今までの中でティムバートン監督作品の「バットマン・リターンズ」に次いで好きかもしれません。陰のあるヒーロー像をうまく表現していると思いました。最期まで飽きずに楽しめました。横で見ていた母親は爆睡してましたが。。笑


スポンサーサイト

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。