スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

芸術の秋?

今年2005年は第二回横浜トリエンナーレが開催されます。
テーマは「アートサーカス~日常からの跳躍~」です。
第二回ということは第一回もあったわけで。
前回は2001年でした。
一人でふらりと行ったのを覚えています。
覚えてる人もいるでしょうか、インターコンチネンタルホテルに
巨大なバッタがくっついていたり、
みなとみらいの公園の中に突如線路と駅ができてたり。。
海に銀色のボールが大量に浮いていたり。
アートについて詳しくなくても楽しめるそんなイベントでした。

印象深かったのは作家さんの名前は忘れてしまいましたが、
5メートルくらいのワンピース?が天井から吊るされていて、うえから
泥水がしたたって流れている作品。(したたるというか滝?みたいにけっこうざばざばしてたけど)天井を見上げながら圧倒的な存在感でいて、なにか
心の奥でじわじわ~っとした感じが残ったのを覚えています。

参加型のもの多くて一日で回りきれないくらいで、近場だったら
週末ごとに通いたくなるような楽しさでした。

今回も12月までなのでなんとか行こうと思っています。
また一人でふらふら~っと・笑

現代美術館でやっているイサム・ノグチ展も本当は行きたいけど,場所が微妙で。。
あの美術館は好きなんですけどね★
スポンサーサイト

Comment

四国の方の離れ島に美術館があって、そこにイサム・ノグチのでっかい美術館がありますよ、あれどこだったかなぁ。
京都の庭を円柱の四方に貼り付けたような(ガンダムのスペースコロニーの中に酷似)
立体庭園みたいのもあるんです。
一回は行ってみたい。

イサムノグチ庭園美術館ですよね?その美術館の記事以前見たことあると思います。宇多田ヒカルがインタビュアーだったような。。
私が行ってみたいのは、同じ香川の直島にある安藤忠雄の建築で宿泊施設もある直島コンテンポラリーアートミュージアムです。アートな時間にどっぷりハマれそうです。いつか行きたいな~。

この前、自分で髪の毛を切ったら、安藤 忠雄そっくりの髪型になり絶句ということがありました。
そう直島だった気がするそのコロニーみたいなのがあるの、あと杉本 博司氏が作った神社とかなかったでしたっけ。私も行ってみたいと思いつつ、近くの本土からフェリーで行くらしく
ひるみますよね。
安藤忠雄・・元ボクサーから建築家(独学)
凄い経歴・・。

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

開催間近!ヨコハマ*おでかけ アート*サーカス

ヨコハマ*おでかけ アート*サーカス Yokohama* fait son cirqueいろいろなひとがゆきかうミナト・ヨコハマの商店街と埠頭を舞台に、フランスのアート・ジャグリング・カンパニーLe Pied sur la Teteと横浜で活動するアートNPO ART LAB OVAが、路上にて日常と非日常をおり
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。