スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バリ4日目

またまた終日フリーの4日目です。
この日は本腰入れてお土産探し☆かといってこの前の二の舞はちょっと勘弁

そこで、効率よくDFS「ギャラリア・バリ」へ
でも、ここ案外品数がなくてしょうがないから隣接のショッピングモールに行ってみたんですが、そこもイマイチ

こうなれば作戦を練り直そうということで、近くのCAFEでガイドブックとにらめっこ。行き詰まっている私たちは店員の女の子を捕まえて「オススメのお店な~い?」と相談に乗ってもらうことに

しかし言葉の壁でなかなか思うように話が進まず、地図の上を複数の指がいったりきたり困った彼女たちが他のお客さんに助けを求めています

そこへ救世主登場

それがWANちゃんとの出会いでした

サーフィン焼で全身真っ黒だけど「色白は七難隠す」なんて私に向かって言い放ち、
仕事はマリンスポーツのインストラクター、たまにガイドやカメラマンもしていて
日本語勉強中で、先生は関西人だから自分も関西弁、車のBGMはスッピツ☆
おかあさんはイスラム教お父さんはヒンズー教。だから豚も牛も食べません!
本人はイスラム教だからもう少しで断食(ラマダンなんだって)
という陽気なWANちゃんと仲良くなった私たちは彼の好意に甘えて夕日の有名な
ジンバランのイカンバカールへ連れて行ってもらうことになりました。もちろん
その前にお土産屋さんにも連れってってもらいました
夕日はちょっと雲に隠れ気味だったけど、きれいだったですよ~。
夕日

シーフード

でも現地の人は特別なとき(記念日とか誕生日とかお祝いのとき)しかこないんだって。
確かに現地の人の物価で行くと高いもんな~。WANちゃんと話しているとこちらの人の生活とかも見えてきていろいろ考えさせられました。

お店はビーチの端から端までものすごい数あって、ちゃんと交渉しないとボッタくられるってガイドブックに書いてあったけど、お酒とイカと中くらいのエビと貝をお腹いっぱい食べて1500円くらいだから妥当だったんじゃないかな?すごいおいしかったし

とりあえずホテルまで送ってくれることになってたんだけど、まだ8時くらいだから時間大丈夫なら一旦ホテルに戻ってから10時くらいからクラブに連れて行ってくれるという話になって、またまたお願いしちゃいました☆

着替えて10時にお迎えにきてもらい、クラブは11時くらいにならないと入れないからそれまでビーチでビールを飲もうということでクタ・ビーチに。
ここはWANちゃんも毎朝サーフィンに来てるらしく満月近かったので満潮で波がすごかったです

で、時間になっていったところが「カーマスートラ」っていうクラブだったんだけど、入り口でまず飲み物を購入してからじゃないと入れないの。だから地元の人は滅多に来ないんだって。他の地元の人がフリーで入れるクラブは泥棒も多いのだとか。
ここはバンドのショーもやっていて、これがすごかった
ジャカルタからの観光客(ジャカルタ人はお金持ちなんだって。それから男も美白してるからすぐわかるんだとか。)のご一行さんがステージ前を占拠して踊りまくってたんだけど、ショーがサルサとかルンバとかノリノリになったら、男女のペアーで社交ダンスを踊りだしたのですよどうやらダンスの大会に来てたご一行さんだったみたいでそんで、そのなかにキョーレツなオカマちゃんがいたの!!
すっごい腰つきで、ステージの歌手(もちろん男)と絡んでました・爆
彼の動きや発言はかなり面白かったデス

そんな感じで4日目はWANちゃんのおかげでバリ満喫できたのでした
WANちゃん本当にありがと~!!
スポンサーサイト

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。